専業主婦でも無利息サービスで借りれる?

無利息で借りれます!ただし、契約者本人に収入がないと利用出来ません。無利息サービスが利用出来るカードローンサービスは限られているので、申込先に注意が必要です。またカードローンサービスによって「借入した翌日から」と「契約した翌日から」適用となるので、申し込みしたけど今すぐお金を借りる予定ではない、明日以降の利用を考えている人などは『借入した翌日から無利息サービス適用』であるプロミスが便利。消費者金融の中でも利息が低めなのもポイントです。利息が初めから発生と無利息サービスを受けただけではこんなにも返済額に差があるんです!

murisoku

契約者本人に収入のない専業主婦は、消費者金融への申込みが出来ません。ですがパートで少しでも収入があり継続して給料があるなら申込みが出来ます。もちろん配偶者の同意書なども不要なので、内緒でお金が必要な時も便利に活用できます。

最大のメリットは申込みから融資までのスピードが早いこと。土日祝日でも申込み~融資してもらうことも可能なので急ぎの時も活用出来ます。無利息サービス期間中は、何度も利用を繰り返しても無利息適用となります。その後は日割りで利息計算されます。WEB申込みで無利息サービス利用できるなど、利用して便利なサービスがたくさんあります。

無利息サービスで借りる注意点

  • 無利息サービス日数に注意
  • 無利息サービスを利用する際、いつから開始なのか。無利息期間をしっかり確認しましょう。低金利で借りるより、少しのお金を短期間だけ借りるなら無利息サービスを活用したほうが返済額を抑えることが出来ます。

  • 専業主婦も借りれるか注意!
  • パートやアルバイトで収入があるなら消費者金融。契約者本人に収入がなければ銀行カードローンへの申込みとなります。条件をしっかり確認せず審査落ちを何度もすると、次のローン審査へ影響してしまうので注意。

  • 今すぐ借りれるか注意
  • カードローンは申込み~契約まで時間が掛かります。来店不要のWEB完結、即日融資も可能だと急ぎも安心。あと、契約機台数が多いとどこでもお金が必要になった時に出金することが出来て便利です。

収入証明書不要ならこちらの大手3サービス

プロミス
200*200
みずほ銀行
アイフル
無利息
期間
30日間あり※1
実質年利 4.5%~17.8% エグゼクティブプラン
3.0%~7.0%※3
4.5%~18.0%
来店郵送
不要
WEB完結
も対応可能
即日融資も
WEB完結 WEB完結
コンビニ
出金
契約機台数No.1
提携ATMでOK
提携ATMでOK 提携ATMでOK
土日祝日
出金
※2
詳細 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり
・専業主婦借入OK
・銀行カードローン
・小額借入可能
・郵送物時間指定OK

※1メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式HPをご確認ください。※2土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※3住宅ローン加入者の特典で、カードローンの金利を年0.5%引き下げ。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。

無利息サービスならプロミス

カードローンサービスは無利息サービスが少ないので選ぶ時は注意が必要です。利用後の事を考え、来店不要でインターネットから申込みをすることで最短即日の融資も可能です。急にお金が必要になった時も無利息サービスを活用すれば、利息を抑えて返済出来るので便利ですね。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のスペック

30日間無利息サービス

プロミスの30日間無利息サービスは、借入後からサービス適用となります。申し込みしたその日にお金を無理に借りなくても良いので、もしもの時のために申込んでおくと突然の出費も安心です。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス):公式HPへ

契約機台数が業界トップ

プロミスは無人契約機、さらに三井住友銀行ローン契約コーナーからお金を借りることが出来ます。両方合わせると約2,300台以上と業界トップクラスの多さが評判です。プロミスは平日15時以降や土日祝日の即日融資も可能なのですが、WEB申込み・審査後→自動契約機でカード受取すればその日のうちにお金を借りれます。(契約機の営業時間:9:00~22:00(※一部21時))

プロミスポイントで無利息へ

プロミスは初回の30日間無利息サービスの他、プロミスポイントサービスを活用することで「7日間・15日間・30日間」の無利息サービスへポイント交換することが出来ます。ポイント加算は会員サービスへログインや利用取引で貯まるシステムになっているので、気がつけば無利息サービスへ交換できることもあります。カードローンを賢く利用しませんか?

融資まで最短1時間

プロミスはインターネットからの申込みが断然早い!審査回答は最短30分。融資まで最短1時間なので急ぎも安心です。必要書類の提出も画像化したデータを送信するなどした全てWEB完結となります。WEB申込みなら審査回答はメールで対応してもらえます。振込融資を希望すればカードローン専用カードの発行なしなので時間短縮になりますよ。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス):公式HPへ

お金借りる方法としては、消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングサービスや、銀行などが行っているカードローンなどがあります。いずれの場合も個人がお金借りる手軽な手段として知られており、一定の信用力があれば誰でも利用することができます。信用力の基準としては、第一に住所があり日本国に居住していることとサービスを利用できる年齢であるかといった点です。住所不定の場合には当然ながら利用することはできませんし、外国籍で一時滞在者の場合も同様に利用できません。また年齢は各社が定めるところですが、多くは20歳以上を対象としています。これは未成年者の契約には保護者の同意が必要であり、また経済力も弱いことから、対象外としているためです。上限年齢は各社によって異なってきますが、銀行などの場合には65歳以下であることがおおく、消費者金融では70歳以下が中心となっています。これらの条件を満たし、さらに一定の収入があることでお金借りるサービスを利用することができますが、収入や職業によっては融資額が低めに設定されたり、断られたりするケースがあります。職業に関しては、安定しているほどプラスで、不安定なほどマイナスになります。安定しているのは公務員やサラリーマンで、不安定な職としては、トラックやタクシーなどのドライバーがあります。また危険を伴う職業もマイナスになります。雇用形態も重要視され正規社員であればほぼ審査に通りますが、非正規である場合には収入が不安定と見なされ借り入れが制限されるケースがあります。いずれにしても条件が悪くなると融資額が低く設定され、また金利も高く設定されるので、お金借りるさいの負担が大きいので計画建てて借り入れを行う必要があります。金利などの条件が良いのは銀行などの金融機関ですが審査基準が厳しい傾向にあります。一方で消費者金融は金利が高いものの、会社によっては無利息期間が設けられていることがあり、これらを利用すれば多くの場合、初回限定ですが銀行で借りるよりも結果的に低い利率で借り入れを行うことができます。無利息期間は、借り入れたさいの一定期間が金利が付かないというもので、主に大手消費者金融が行っているサービスです。多くのケースでは30日間は金利ゼロというところが多く、その間に借り入れたお金を返済できれば金利を支払わずに済みますし、60日借りたとしても結果的に金利を半分に抑えることができます。







このページの先頭へ