専業主婦のカードローンなら失敗しない3つのポイントから確認しましょう

  • 銀行カードローンから選ぶ!
  • 収入のない専業主婦は、銀行カードローンでしか申込めません。返済の事も考え、金利を比較しましょう。
  • 融資スピードから選ぶ!
  • WEB完結は来店不要でスマホから申込み出来ます。急いでお金が必要な時、審査回答が早いと便利です。
  • 収入証明書不要から選ぶ!
  • 配偶者に収入があれば専業主婦の借入も可。収入証明書不要となる額が高ければ、申込時もスムーズです。

大手3サービスのキャッシングを比較すると

             
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行カードローン
プロミス
200*200
来店
不要
WEB完結
最短30分審査回答
WEB完結 WEB完結
収入証明書
不要
200万円以下 100万円以下 50万円以下
コンビニ
出金
提携ATMでOK 提携ATMでOK 提携ATMでOK
土日祝日
出金
契約機数
約450台
※1
約600台 約2.500台
実質
年利
エグゼクティブプラン
3.0%~7.0%
※3
4.6%~14.6% 4.5%~17.8%
専業主婦
借入
専業主婦
限度額
30万円まで
専業主婦
限度額
30万円まで
無利息
期間
30日間あり※2
特徴 ・専業主婦借入OK
・銀行カードローン

・口座不要で可能
・ATM手数料0円

・即日の借入も可能
・無利息期間あり※2

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。※3住宅ローン加入者の特典で、カードローンの金利を年0.5%引き下げ。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。

専業主婦もカードローンで借りれますか?<スマホ完結したいならこちら>


みずほ銀行カードローンは収入のない専業主婦でも、配偶者に安定・継続した収入があれば限度額30万円までお金を借りることが出来ます。もちろん配偶者の同意書不要、限度額200万円以下は収入証明書不要なので、提出書類などの用意は少なく済みます。またみずほ銀行に口座を所有し、キャッシュカードがあれば新たにカードローン専用カードを作らなくても、手持ちのキャッシュカードから借入することが出来ます。
















専業主婦もカードローンで借りれますか?<スマホ完結したいならこちら>

サービス名 実質年利 限度額 審査時間 詳細
みずほ銀行
エグゼクティブプラン
3.0%~7.0%
※1
1,000万円 最短即日審査
アコム
アコム
4.7%~18.0% 500万円 最短30分
アイフル
4.5%~18.0% 500万円 最短30分
モビット
120x60_夏菜さん_LOOP
4.8%~18.0% 500万円 最短10秒で審査結果が判明
プロミス
120 × 60
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
オリックス
銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%~17.8% 800万円 最短即日審査
※1住宅ローン加入者の特典で、カードローンの金利を年0.5%引き下げ。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。



こないだ銀行系のカードローン会社へ申込したんです。申込方法も無人契約機、電話、インターネット、郵送からできるので、自分で使い慣れたパソコンを使って申込たいと思い、インターネット申込をすることにしました。専業主婦も利用できるんだな?と知り、最初はびっくりしましたよ。だって専業主婦は収入がないし、働いていないのでカードローンの申込しても審査でダメだろうな?と思って手続きしなかったんです。やっぱり審査が厳しいと思ったので手続きしなかったんですが、これはもったいなかったですね。専業主婦も夫の同意不要で手元に運転免許証があったので、その場ですぐ申込できたんですよ!カードローンの審査って時間がかかると思っていましたが、1時間ほどで結果が分かり以外と早く手続きが終わったのでびっくりしました。お金のことで相談できる人が近くにいないので、こうしてカードが使えると本当、お金が必要な時にすぐ借り入れすることができるので便利です。専業主婦とは、収入のない主婦を指します。普通に考えて、収入が全くない人に融資を行おうと考える金融機関はないでしょう。ですから、専業主婦としてはカードローンを利用するのは難しいです。かつては消費者金融からなら借りられると言われたようですが、現在では難しくなっています。基本的に消費者金融から借りるのは無理だと考えておいた方が良いです。その理由は法律による規制があるからです。貸金業法が改正されたことによって、収入のない人に対する貸し付けはできなくなりました。ですから、貸金業法の及ぶ金融機関から借りるのは無理だと考えておいた方が良いでしょう。収入がない場合には借りることはできませんが、何らかの形で収入がある人なら借りることのできるケースはあります。たとえば、不動産を所有していて収入を確保できている人の場合、専業主婦と呼ぶべきではないでしょう。この場合には自営業者と考えるのが妥当です。自営業者であれば収入がありますから、借りることはできます。わざわざ専業主婦向けのカードローンを探さなくても、普通に消費者金融で申込みをすれば借りることはできますし、銀行に申込みをしても借りることができるでしょう。不動産所得でなくても、何らかの収入を確保できる人なら同じように借りることができます。たとえばインターネットでドロップシッピングやアフィリエイト、あるいはオークションなどで収入のある人の場合、収入がありますから借りることができます。全く収入がない場合には、消費者金融などの貸金業者から借りるのは難しいです。しかし、配偶者に収入があれば、銀行からなら借りることはできる場合があります。この違いはというと、法律による違いです。貸金業者に対する法律と銀行に対する法律とは異なっていて、融資に関して言えば銀行のほうが規制は緩い傾向があります。銀行は独自の審査は厳しいですから、法律による制限はあまりありません。そのために、収入のない主婦でもカードローンを利用できる場合があるのです。収入のない主婦であっても、配偶者に収入があることなどの条件はあります。このようなサービスを行っているのは小さい銀行だと思うかも知れませんが、実はメガバンクと呼ばれる大規模な銀行のほうが積極的に融資を行っています。ただ、借りられる金額はあまり大きくはなくて、30万円くらいが上限です。ですから、ちょっとだけ借りたいと言ったときに適したサービスだと言えるでしょう。専業主婦だとカードローンの利用が難しいと考えている方が多いですが、条件によっては専業主婦でもカードローンに申込む事が可能となっています。また家族にお金を借りることがバレたくないと考えている場合も多いですけど、この両方とも大丈夫なカードローンは存在します。専業主婦がカードローンに申込めるパターンは3つありまして、パートも通っていなく収入が全くなく配偶者の同意がない場合は総量規制の対象外になる銀行系のカードローンになります。収入はないけど配偶者の同意がある場合は配偶者貸付可能なローンを行なっている業者から利用できます。最後の3つ目はパートやアルバイトをされている方は基本的にどこでも借り入れが可能です。このように3つに分かれていますが、一般的に多いのが収入も配偶者の同意がなくてもカードローンを利用したい方でしょう。そういう場合に銀行系のカードローンの利用になり総量規制の対象外ですが、貸し出し条件を各自が決めていますので一部の業者からしか利用できません。しかし、専業主婦で配偶者の同意や収入証明書がなくても借り入れが可能な業者は存在しますので、そこで利用を申し込むと良いでしょう。限度額は低くなってしまいますが安心して借りられるので利用してみてください。

このページの先頭へ